入渠工事

専門家が計画から準備、実行までサポートすることで、先を見越して効率的な入渠工事を実現します。

どの船舶も少なくとも5年に1回は入渠工事を行う必要があります。入渠工事の標準的な期間は10~14日です。入渠工事の管理をおろそかにすると、経費や時間が増え、深刻な不具合が見落とされて修理されないおそれがあります。

私たちは関係者を巻き込み、仕様をもれなく整備し、計画に従ってプロジェクトを遂行することで、目的を明確にします。これによって、予想外の出費を最小限に抑え、高い品質を確保するのです。

新造船建造&技術サービスの責任者、Dipti Ranjan Nanda

入渠工事専任チームを持つメリット

造船所への影響

  • 見積の改善(コスト、期間)
  • ドックスペースの優先的な確保
  • 成果への好影響
  • 造船所管理の窓口を一本化

継続的な改善

  • お客様にメリットをもたらすノウハウや経験の蓄積
  • 主要な業績評価指標(KPI)
  • 有益なデータベース

プロジェクト管理体制

  • 訓練や経験による能力の向上
  • ソフトウェアの活用による作業の効率化
  • デジタル化した迅速な報告を保証

最適なリソース配分

  • 船舶管理者やフリートマネージャー が入渠準備にかける工数を最適化
  • 船員が入渠準備にかける時間やリソースを削減

お客様の入渠費用を削減

  • 予想外の出費を削減
  • 効率性や精度を向上
  • 入渠の管理や監督を強化

お客様にとっての透明性を向上

  • より高品質な報告をタイムリーに実施
  • 財務・技術・スケジュールに関する最新の進捗状況を報告
  • 制限付きのソフトウェアアクセス環境をお客様に提供

船舶管理に戻る

Cookie Policy

We use cookies for statistical analysis, to support the marketing of our services and to improve the usability of our website. By visiting our website, you consent to our and third party use of cookies as described in our privacy policy.